セルフでダーマペンをはじめる場合にかかる費用は18,500円!

dhm-ec ダーマペンについて
スポンサーリンク

ダーマペンはセルフでやる場合、18,500円ではじめることができる。

こんなにコスパのいい治療法って他にあるかな?

僕はないと思う。

絶対に必要なもの8選

僕はダーマペン本体をアマゾンで買ったのね。

以下がその画像なんだけど、今はもうアマゾンでは取り扱ってないみたい……。

dhm-am

何かがあったんだろうね。

ただ楽天で取り扱っているから心配は無用。他にもeBayとかでも買えるみたいだけど、僕はeBay使ったことないからわからない。すまないンゴ。

消毒用エタノール

dhm-01

500円前後(税込)

顔や手、使用器具を消毒するのに使う。

しっかりと消毒をすれば初歩的なトラブルはほとんど防げるから、施術前・施術後は消毒をする習慣をつけよう!

スプレー式のエタノールってもっと大きな容器のものもあるんだけど、個人的にはこのくらいのサイズが使いやすいと思う(安いし)。中身がなくなったら、エタノールの詰め替え用リフィルを買って充填すればOK。

除菌ウェットティッシュ

dhm-02

500円前後(税込)

これは正直何でもいい。

肌をふいたり、血をぬぐったりするのに使う。肌用のコットンとかの方が低コストかもしれない。

僕がこの除菌ウェットティッシュを使っているのは、普段の外出用にたくさん購入しすぎてあまっているから。

麻酔クリーム

dhm-07

2,500円前後(税込)

ダーマペンを0.5ミリ以上の長さで使う場合は必須。

ダーマペンをやる前に肌に塗って、30〜60分放置すればOK。海外通販で簡単に取り寄せられる。

一応、麻酔クリームなしでもダーマペンをやることはできるけど、1.5ミリ以上になると相当に痛いから注意。どれくらい痛いかって言うと、涙と鼻水が止まらなくなるくらい。

ラクサールクリーム(RacserCream)5%

ダーマペン

dhm-03

7,000円前後(税込)

これがなくちゃはじまらない。

写真はもちろん僕が使っているヤツ。針の長さを0.25ミリ〜2.0ミリに調節することができるのが特徴。

これより新型で、2.5ミリに対応しているモデルもある。

▼0.25〜2.0ミリ対応モデル

▼0.25〜2.5ミリ対応モデル

僕は2.0ミリモデルを使ってそれなりに効果を出せましたが、施術回数が多くなってしまったとも感じています(針が短い=回数が多めになる=治療期間が伸びる)。1回ごとの効果を大きくして回数を少なめにしたいなら、2.5ミリモデルを選ぶといいかもしれません。

交換針×10

dhm-04

4,000円前後(税込)

クレーターをある程度改善させるには、少なくとも10回程度の施術は必要になる。だからとりあえず10回分。

針は1回毎に交換するのがベスト。切れ味のいい針でやった方が凹みの改善率が上がる。

入手しやすい針は「12針」と「36針」の2種類。クレーターにはより深く刺さる12針がおすすめ。36針でももちろん施術はできるけど、針の数が多い分だけ抵抗が大きくなるので刺さりにくくなる(36針はどちらかというとアンチエイジング目的に使うものなのかも)。

美容液

jo-ec

2,000円前後(税込)

施術直後に塗るヤツ。

施術直後の「穴がたくさん開いている状態」の肌にたっぷり塗ってあげると、次の日の腫れや赤みを緩和できる。要は、傷のリカバリー目的で使うということ。

イメージ的には、打撲をした時のアイシング(氷で冷やすこと)に近いのかな。アイシングをしても打撲自体の症状は治らないけど、症状が悪化したり長引いたりするのは防げるよね。それと同じような感じだと思う。

もちろん、ここをグロースファクター(成長因子)等が入っている美容液に変更するのも一つの方法。ただ、どんなに質のいいグロースファクターでもダウンタイムをゼロにすることはできないはずなので、あとは自分の治癒力やお財布力と相談して決めればいいんじゃないかな。

僕のおすすめは、ホホバオイル。

これを塗るだけで施術後のダメージが相当にリカバリーするから使ってみて! 普段のスキンケアにも使えるよ。

参考 僕はグロースファクターを使わずダーマペンのみでニキビ跡を治したけど君は?

参考 【スキンケア】毛穴やニキビ跡で悩んでいるすべての人に、ホホバオイルを推薦する。

ワセリン

dhm-05

1,000円前後(税込)

ダウンタイム期間中ずっと塗り続けるヤツ。

赤みが消えるまで毎日毎日これを塗り続けるべし。つまり、傷を回復させるには肌を乾燥させないことが何よりも大事ってこと(湿潤療法)。

ワセリンなら、肌に簡単に湿潤環境を用意してあげられるよ。

ワセリンの素晴らしさについて以下の記事でも語っているので、詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

参考 ダーマペン施術後の肌は、ワセリンを使うと最高に回復する。

日焼け止めクリーム

dhm-06

1,000円前後(税込)

ダウンタイム中に外出する時は絶対に日焼け止めクリームを塗るようにしよう。

紫外線から肌を守ってくれる(シミができにくくなる)。

若い男子なんかだとそんなのいらねえよって思うかもしれないけど、余計なトラブルを起こすことなく治療をするにはそういうところが大事ね。

絶対に必要なものまとめ

  • 消毒用エタノール:500円
  • 除菌ウェットティッシュ:500円
  • 麻酔クリーム:2,500円
  • ダーマペン:7,000円
  • 交換針×10:4,000円
  • 美容液:2,000円
  • ワセリン:1,000円
  • 日焼け止めクリーム:1,000円

絶対に必要なものは以上の8点。

合計で18,500円(税込)。

よってこれがセルフダーマペンをはじめるのに必要なコストということになる。

まとめ

セルフでダーマペンを行う場合にかかるコストは税込で18,500円。

たった18,500円!

でもってその金額で約10回の施術ができる。

もっと回数をやりたいって時は交換針やその他の消耗品を追加で注文すればいい。

シンプルでしょ?

ちなみにダーマペンをやるとこんな感じに改善するから!

ビフォー

exp-00

アフター

2.0ミリ3回目のアフター画像

メンズダーマ部TOPに戻る

コメント

  1. ちゃむ より:

    ニキビ跡を同じくダーマペンでやろうと思っているものです。 針について質問なのですが、12針より36のほうが利くのかなーなんて思っていたら、12針でもすごく改善していてビックリしました。でもこの記事で仰ってるように、36だと抵抗があるというのがいまいちよくわからなくて見解をもっとわかりやすくお聞きしたく質問しました。 仰ってるように、クレーター部分にまんべんなく穴を開けたほうが改善はすると思うのですが、それだと36針のほうがなんとなくまんべんなく空けれそうな気もするのですが、抵抗がある。 とは詳しくどのようなことでしょうか。替えの針を12か36かで悩んでましたので質問させていただきました。 お手数ですが、宜しくお願い致します。

    • だいきち だいきち より:

      12針は肌にソフトにあてるだけで深くまで刺さってくれる感じ。
      36針は肌に少し強めに押し当てないと深く刺さらない感じ。
      抵抗ってのは、針の本数が多くなると深く刺さりにくくなるということです。
      僕は12針の方が「痛い&血が出る」気がして、ずっと12針オンリーでやってます。
      ただ36針の方が開けることができる穴の数は多くなるじゃないですか。
      なので同じところを何度も往復して(回数を増やして)開ける穴の数を多くすることで12針の針自体の少なさをカバーしています。
      ちなみに美容皮膚科のニキビ跡治療では9〜12針が多く使われているようです。
      参考にどうぞ。

  2. t より:

    こんばんは。
    非常にわかりやすい説明でいつも参考にさせて頂いております!

    ダーマペンを購入しようと思っているのですが2.0mmまで調節可能な物と2.5mmまで調節可能の物の値段を比較すると倍以上の差がある点が気になっています、、

    どちらを購入すべきでしょうか?

    優柔不断で申し訳ないです、、汗

    • だいきち だいきち より:

      深めのアイスピック型クレーターが多いなら2.5ミリの方がいいと思います。
      クレーターがそんなに深くなければ2.0ミリで十分でしょう。